豆知識【ぱくぱくおだしの商品価値が高いと言われる理由】

【ぱくぱくおだしの商品価値が高いと言われる理由】

原料にこだわり、加工方法にこだわっているからです。

生後1年、この時期が人生の中で1番大きくなる時期と言われています。
やまひここんぶのおだしは 化学調味料はもちろん不使用、そして食塩も使っておりません。
なぜかというと、この時期に 塩分の強いものなどは赤ちゃんの体への負担が大きいのです。

原料100%にこだわっているので コストに反映されているのが正直なところです。
では、原料100%なら何でもよいのではないか、
と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

食べたもので身体がつくられるからこそ、
赤ちゃんがはじめて口にするおだしも本物であって欲しいものです。
「本物の味と香り」に触れて五感をフル稼働させながら、
味覚と食べる楽しみを育てて欲しいと想っております。

やまひここんぶのおだしは
「素材からとる本物のおだしを極力簡単に」をコンセプトに
本物の味や香りにこだわった結果、だしパックにたどりつき商品化しております。
粉末にしてしまうと、香りと味が拡散されがちになってしまうとともに、本物の原料の粉は溶けません。
原料の舌触りが苦手なお子様もいらっしゃるため、
赤ちゃんのために「本物の味と香り」にこだわった商品となっております。


たいせつな我が子だからこそ
本物で育てたい

そんな母としての想いもあり ぱくぱくおだしシリーズを商品化しました。

#離乳食 #離乳食初期 #離乳食中期 #離乳食後期 #離乳食レシピ #子供 #5ヶ月ベビー #6ヶ月ベビー #7ヶ月ベビー #8ヶ月ベビー #9ヶ月ベビー #10ヶ月ベビー #11ヶ月ベビー #1歳 #幼児食 #離乳食食べない #昆布だし #離乳食記録 #離乳食開始 #離乳食だし昆布 #離乳食だしパック #食育 #ぱくぱくおだしシリーズ #やまひここんぶ #赤ちゃんのいる生活 #離乳食豆知識 #贅沢だしパック #本格だしパック #おうちごはん