昆布のいろいろ

昆布の歴史

昆布の歴史
18世紀、蝦夷地(北海道)の開拓以来、こんぶを食べる地域は時代とともに広がっていきました。この昆布が運ばれていった道を、“こんぶロード”と呼びます。 

室町時代には、昆布は越前国敦賀(福井県)まで船で運ばれるようになりました。そこから陸路を通り、琵琶湖(滋賀県)を船で渡って、京都に昆布が送られていました。

海上交通がさかんになった江戸時代には、北前前船を使い、下関から瀬戸内海を通る西廻りの航路で、直接、商業の中心地である「天下の台所」大阪まで昆布が運ばれるようになりました。


また、こんぶロードは江戸、九州、琉球王国(沖縄)、清(中国)へとのびていきました。

特に琉球王国は薩摩藩(鹿児島県)と清とのこんぶ貿易の中継地として、重要な役割を果しました。

こんぶロードがのびて新しい土地に昆布がもたらされると、そこに独自のこんぶ食文化が生まれました。たとえば、大阪ではしょうゆで煮てつくだ煮にしたり、沖縄では、昆布を豚肉や野菜といためたり、煮込んだりして食べています。

いっぽう、関東地方はこんぶロードの到達が遅かったため、全国的にみて昆布の消費量が少ない地域となっています。このように、現在みられる地域による食べ方の違いは、こんぶロードの歴史的背景と関連があるのです。

はじめての方に!
選べるお試しセット

お得な情報満載!下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ネットショップカレンダー
  • 今日
  • 定休日

お問い合わせは、TEL・FAX・MAILで受け付けております。お気軽にお問合わせください。
TEL:0533-76-3321
(平日 8:30~17:30)
FAX:0533-75-2110
(24時間受付OK)
MAIL:info@yamahiko-konbu.com

ページトップへ