昆布のいろいろ

昆布はどうして縁起が良い?


結婚式やおめでたい席に欠かすことができない≪昆布≫
鎌倉・室町時代から今日まで『よろこんぶ』として、縁起物とされています。


昆布が"縁起物"と言われるようになるまでには、
長~い歴史が存在します。



昆布 縁起


よろこぶを広める、昆布の別名“ヒロメ”です


「ヒロメ」とは幅が広い海藻の意味で、「広布」と表していました。
それが音読みされだして「こんぶ」と呼ばれるようになったという説があります。


この「ヒロメ」という言葉が、結婚披露宴を「おひろめ」と呼ぶ語源と言われています。


また、現在でも祝儀の時には、幅の広い昆布(ヒロメ)を縦二つに折ってぐるぐる巻き、
紅白の紐で結んだものを床の間に飾るという習慣が残っている地方もあります。




昆布 縁起


結納にも使われる子生婦(こんぶ)

広く一般の人まで、昆布をお祝いごとに使うようなったのは江戸期から。


結納の席にも、子生婦(こんぶ)として登場するようになりました。
昆布の繁殖力の強さもあって"よい子が授かりますように"と用いられていたようです。


しかし、食物繊維やカルシウムがたっぷりの昆布は、
妊婦さんにはうってつけの食品という側面もあったのかもと推測されています。

昆布 縁起


昆布 戦国時代 


戦国時代は必勝祈願の必須アイテム!?

昆布は、平安期にはすでに祝膳にのぼったそうです。
そんな宮中の古式にならって室町時代になると武将が出陣するときのラッキーアイテムとして登場します。


一に打ちあわび、二に勝ち栗、三に昆布…すなわち「打ち勝ちよろこぶ」という語呂あわせですが、
戦乱の世の武将達には単なる言葉遊びでは済まされない、もっと大切なアイテムだったと思われます。


昆布 縁起

やまひこの縁起の良い昆布の贈り物はこちらから↓

昆布 縁起の良い贈り物


※参照 日本昆布協会ホームページ http://kombu.or.jp/

はじめての方に!
選べるお試しセット

お得な情報満載!下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ネットショップカレンダー
  • 今日
  • 定休日

お問い合わせは、TEL・FAX・MAILで受け付けております。お気軽にお問合わせください。
TEL:0533-76-3321
(平日 8:30~17:30)
FAX:0533-75-2110
(24時間受付OK)
MAIL:info@yamahiko-konbu.com

ページトップへ